ご挨拶

茨城中央園芸は、「農業を通して、人・食・自然・社会を豊かにする」を企業理念として、
設立以来全国へ向けておいしい野菜を届けています。
我々の使命として、日本の農業が抱える様々な問題を解決すべく、
未来につながる農業の可能性を信じ、大いなる魅力を引出し、発展に貢献していきます。
その過程で、一人一人が努力し、成長していく。
この会社を通し、食を通し、社会の幸せを築いていきたい。
これからも安心・安全な農作物・食品・価値あるサービスの提供に邁進し、常に時代にチャレンジしていきます。
頑張ります!

代表理事 久信田 清人

組合概要

組合概要

名称茨城中央園芸農業協同組合
代表理事久信田 清人
設立昭和53年10月
所在地〒311-3157 茨城県東茨城郡茨城町小幡18-27
組合員数102名
地区水戸市 茨城町 小美玉市 土浦市 鉾田市 石岡市 かすみがうら市 城里町 つくば市
職員30名(2014年1月現在)

事業内容

1.組合員の農業従事者への教育・育成と研鑚のための場の提供。
2.園芸野菜、果実等の全般に渉る生産指導。
3.栽培に必要な肥料、農薬、生産資材の販売。
4.野菜市場の変革に対する、計画契約栽培の実態に関する実務指導。
5.生産者ー農協ー消費者(食品事業)の三者研修会の実施。
6.野菜価格の安定化を図るための、1次・2次加工食品の開発と販売。
7.野菜加工製品、販売網拡大の確立。

認定取得・受賞歴

授賞式写真

平成21年「第2回国産野菜の優良事業者表彰」
『冷凍ほうれん草(独)農畜産振興機構理事長賞』受賞。

審査委員会で高く評価された点
1.生産関係者(茨城中央園芸農協)実儒者(日本農産加工)間での情報 交換や関係者が一堂に会する会議の開催などを通じて、消費者ニーズや実儒者ニーズを把握し、それに合わせて生産出荷面での改善が図られている。
2.栽培管理記録・栽培履歴の記帳、残留農薬検査などによって、安全な野菜の出荷を推進している。
3.栽培方法に関する契約書を交わすなど、文章に基づいた明確な契約取引を実践されている。

(左)(独)農畜産業振興機構 木下寛之理事長
(右)代表理事 久信田清人

平成20年「第1回 国産野菜の優良事業者表彰」『契約キャベツ 農林水産大臣賞』受賞

平成19年 茨城県食品衛生協会認定 HACCP取得

ページの先頭へ

Copyright (C) 2014 IBARAKI CHUOU ENGEI NOUGYO KYOUDO KUMIAI. All rights reserved.